アコムの3秒診断


お急ぎの方必見!
アコムの3秒診断でスピードチェック

アコムマスターカード


キャッシングもショッピングも
あなたのスタイルに合わせて使い分け!

プロミスQ&A


営業時間は?金利は?返済方法は?
アコムの質問に何でも答える!

なぜアコム審査に通らないかを分析

アコムの審査に通る人と落ちる人の違い

 

アコムのキャッシングを利用するためには、まず審査に通らなければなりません。

 

審査に申し込んだ人が100%の人が審査にパスできるわけではありません。アコムの審査に落ちる人も当然います。

 

1度審査に落ちてしまうと、再度アコムに申し込んでも審査にパスできる可能性はかなり低いと考えていいでしょう。

 

また、あらたに別のキャッシング会社を利用する場合でも、「なぜ自分は審査をパスできなかったのか」という理由をきちんと把握して、それを改善できなければ、同じことの繰り返しになってしまいます。

 

どんな人が審査に通り

どんな人が落とされてしまうのか

 

審査に落ちる人と通る人の特徴を紹介していますので、アコムを利用したいけれど、審査を通るかどうか不安という人は、ぜひ一度目を通してみてください。

 

アコムの審査に通るのはこんな人

審査に通る一番の条件は、安定した収入があるということです。この点について重要視されるのは、仕事をしているかどうかになります。

 

仕事=安定した収入

 

があるということになるからです。

 

アコムの審査では、職種や雇用形態は問われませんから、パートやアルバイトでも問題はありません。どんな形であれ、きちんと働いて安定した収入を得てさえいれば、審査基準をクリアすることができます。

 

次に大切なのは他社のローン残高です。

 

他の金融機関などでのローンの残高や借金が、全くないのであればもちろん問題はありません。しかし、これらのローンが残っているとなると、審査では少々不利になります。

 

ローンがあるということは、毎月決まった出費があるということです。特にローンの残高が多いとなると、たとえ安定した収入があったとしても、そちらの返済のために使ってしまい、アコムに対してはきちんと返済されないのではないかと考えられ、信用されなくなってしまいます。

 

ローン残高はない、あるいは少ない人が審査に通りやすくなります。

 

アコムの審査を通る人というのは、アコムに信用された人ということです。

 

現在きちんと働いて毎月安定した収入を得ているだけでなく、過去にも継続して働いてそれなりの年収を得てきている、そして他社でのキャッシングやローンの履歴がない人は、一般的な社会でも信用されるでしょう。

 

そういう人は、アコムにも信用できる人とみなされ、審査に落ちることはほとんどありません。

 

アコムの審査に落ちるのはこんな人

では、アコムの審査に落ちる人というのはどんな人でしょう。簡単に言うと「通る人の逆」なのですがおイメージしやすいように具体的に解説していきます。

 

  • 収入が安定していない(無職を含む)
  • 過去のキャッシング履歴にマイナス要素(事故記録)
  • 他社借入が多い(総量規制)

 

収入が安定していない(無職を含む)

これはアコムに限らず、他のキャッシング会社にも共通していますが、利用者に安定した収入があるかどうかが、まず審査されます。利用者に返済能力があることが、借り入れの大前提であることは言うまでもないでしょう。

 

ですから、無職の人はまずパスは不可能ですし、仕事をしていたとしても、それが不定期だったり、日雇いなどの不安定な職種では、やはりパスすることはかなりむずかしくなります。

 

労働形態は正社員である必要はありません。パートでもアルバイトでもかまいませんが、ある程度以上の収入があること、そしてそれが安定していることが重視されます。

 

また、現在の仕事を半年以上続けている、現在の会社に半年以上勤務しているというキャリアも、審査のポイントとなるようです。

 

よくある質問のひとつに、無職でも借りられますか?というものがありますが、アコムの場合は答えは「NO」です。無職ではアコムの審査は通りません。

 

無職ということは収入がないということです。収入がない人がお金を借りて、いったいどうやって返済するというのでしょう。返済能力がない人には、お金を貸してはくれません。何らかの職業についていることは、最低条件なのです。

 

過去のキャッシング履歴にマイナス要素(事故記録)

アコムでは、これが最重要の審査ポイントとなっているようです。

 

過去にアコムや他の会社でキャッシングを利用したことがある人は、その履歴が問われるのです。もちろん、キャッシングしたこと自体に問題があるわけではまったくありません。きちんと契約を守って完済したという場合は、むしろそれが「信用」となるわけです。

 

問題となるのは、返済の遅延など、契約を守らなかった履歴です。こうした情報は各金融会社に履歴として残り、相互にチェックすることが可能です。ですから、他社での遅延履歴もアコムが把握できるのです。

 

こうしたマイナス履歴を残さないためにも、毎月期日を守ってきちんと返済することが大切になります。その点がいいかげんな人にキャッシング会社がお金を貸してくれるはずがそもそもない、と考えていいでしょう。

 

他社借入が多い(総量規制)

他の会社でキャッシングして、そのローンがまだ残っている段階で、アコムのキャッシングを申し込むということもあるでしょう。

 

それ自体は可能ですが、2社のローンを同時進行で返済していくわけですから、それに見合う収入が必要になってきます。ローンがまだかなり残っているのに、収入はそれほど高くない場合は、審査にパスすることはむずかしいと考えていいでしょう。

 

もちろんさまざまな事情はあるでしょうが、他社のローンをまず完済して、それからアコムに申し込むほうが間違いありません。

 

これはただ審査にパスするためというだけではなく、実際にキャッシングしたあとの返済のことを考えれば、「自分自身のため」だといえるのではないでしょうか。

 

アコムの審査に落ちる人、通る人まとめ

 

アコムの審査に通る人と通らない人の違いは、上記のような点にあります。

 

しかし、これらはあくまでも目安でしかありません。アコムの審査基準は一般には公表されていませんし、例外もあり得ます。

 

また、今後審査基準が変わるという可能性もありますから、あくまでも参考程度に考えておいてください。

アコムキャッシング詳細

アコムでキャッシング アコムスペック


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ 3.0%〜18.0% 1〜800万円
審査時間 フリーター・パート レディース 即日振込
最短30分


アコム公式サイト


ここが違う!アコムの審査に落ちる人と通る人関連ページ

アコムの審査通過