アコムの3秒診断


お急ぎの方必見!
アコムの3秒診断でスピードチェック

アコムマスターカード


キャッシングもショッピングも
あなたのスタイルに合わせて使い分け!

プロミスQ&A


営業時間は?金利は?返済方法は?
アコムの質問に何でも答える!

おまとめローン後のキャッシングには注意が必要

おまとめローン後のキャッシング

 

複数の借金を一本化し、返済の負担を軽くする「おまとめローン」。

 

おまとめローン契約中に、お金に困って、他消費者金融から新規借入が必要になることもありますよね。

 

おまとめ後に新たに借入ってやっても良いの?

どうすれば新規借入ができる?

 

と気になっている方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで当記事はおまとめローン後の新規借入や追加借入、他社から借り入れする際のチェックポイントなどを紹介していきます。

 

この記事を読めば、おまとめローン後のスムーズな新規借入を実現できるでしょう。

 

お金に困っている方や、新規借入時の注意点が気になる方は参考にしてください。

 

おまとめローン後に他社からの借り入れや、追加融資することはできるの?

おまとめローン契約後にお金が必要になり、他社から追加借入を検討することもあるでしょう。

 

ここで気になるのが「違反に当たらないのか?」ということです。

 

おまとめローンは複数の借金を一本化することで返済しやすくするためのサービスです。

 

これを利用しているにもかかわらず、他社から追加借入すると、多重債務状態に陥ることになります。

 

多くのおまとめローンは契約後、他社から追加借入しても契約違反にはならず、複数の借入が認められています。

 

ただし注意したいのが、他社借入を認めていないおまとめローンもあるということ。

 

もし追加借入がバレたら、一括返済を要求されることもあります。

 

当然おまとめローンの金額は多額になるため、一括返済は非常に厳しいものとなるでしょう。

 

そのためおまとめローン契約時、または追加借入を検討しているときは事前に確認しておくことをおすすめします。

 

おまとめローン後に新規で他社から借りる3つのチェックポイント

おまとめローン利用中に他社から新規で借入する前にチェックしておきたいポイントが3つあります。

 

  • 総量規制の上限に達していないか
  • 借り入れ希望額は10万以下に設定
  • おまとめローンの残高をなるべく減らす

 

ここからは各チェック項目の内容をみていきましょう。

 

総量規制の上限に達していないか

総量規制とは消費者金融から借入できる総額が年収の3分の1までというルールです。

 

おまとめローンは総量規制以上の契約が可能なので勘違いしがちですが、おまとめローンもまた総量規制対象。

 

他社借入時は、おまとめローン金額を含めた追加借入額を、年収の3分の1未満に抑えなくてはなりません。

 

ただし銀行は総量規制の対象外となるため、おまとめローンまたは追加借入先が銀行なら総量規制に引っかかりにくくなります。

 

借り入れ希望額は10万以下に設定

追加借入は必要最低限の金額に抑えることが重要です。10万円以下に設定することを推奨します。

 

返済を目的としたおまとめローンを利用しているにもかかわらず、他社から多額の借入を受けるのは本末転倒。

 

返済の負担も大きくなりますし、上記したように、おまとめローンの強制解約による一括返済のリスクもあります。

 

おまとめローンの残高をなるべく減らす

新規申込時に審査を受けなくてはなりませんが、このときおまとめローンの残高が沢山残っていると、審査落ちのリスクが高まります。

 

借入残高が多い=月々の返済額が多い、と判断され、相応の支払い能力がなければ審査をパスするのが難しいでしょう。

 

新規借入の前に、繰上返済などを利用してなるべく残高を減らしておくことがコツです。

 

お金に余裕がある時は、少しずつでもいいのでいつもの額にプラスして返済するように心がけてみましょう。

 

2おまとめローン後に審査に通る確率を上げる方法

おまとめローン契約中に他社の審査に通りやすくするためには、次の3つのポイントを意識しましょう。

 

  • おまとめローン返済実績
  • おまとめローンの正確な残高を把握する
  • 借りられる可能性が高いカードローンを選ぶ

 

それでは各ポイントの内容を紹介します。

 

6ヶ月以上おまとめローンの返済実績を作る

審査時におまとめローンを利用していることは必ず調べられます。

 

おまとめローンの返済実績が少ない状態で申し込むと「計画的な返済ができていない」と判断され、審査落ちのリスクが高まることに。

 

目安として6ヶ月以上、おまとめローンの返済実績を作ることが審査通過の鍵となります。

 

もちろんこの間は一度も延滞することなく返済し続けなくてはなりません。

 

おまとめローンの残高など正しい情報を入力する

上記したように、審査時におまとめローンの利用状況をチェックされます。

 

申込時に他社借入状況を記入しなくてはなりませんが、ここで誤った情報を入力してしまうと審査落ちのリスクがアップするので注意しましょう。

 

現在の借入残高を正確に把握して、決して嘘のないように、正しい情報を入力するように心がけてください。

 

〇秒診断や借り入れ診断をして借りられる場所を探す

カードローン各社は公式サイトに簡易診断サービスを設置しています。

 

例えばアコムなら「3秒診断」がありますよね。

 

これらの簡易診断を利用することで、審査通過の目安を計ることができます。

 

簡易診断で審査落ちした場合は、本審査を通過する可能性は限りなく低いと判断できるため、そのカードローンに申し込まない方が良いです。

 

簡易診断に通過したからといって、必ずしも本審査に通過できるとは限りませんが、より可能性の高いところに絞って申し込むように意識してみましょう。

 

おまとめローン後に注意すべき3つの点

おまとめローン契約後のトラブルを避けるためにも、次の3点に気をつけましょう。

 

  • むやみやたらに多くの金融機関へ申し込まないこと
  • 返済ローンを組んでいるのに、新規で借りすぎないこと
  • 所有していた、完済済みのローンカードは解約すること

 

ここからは各注意点の内容をみていきます。

 

むやみやたらに多くの金融機関へ申し込まないこと

おまとめローンを契約したら、手当たり次第に金融機関へ申し込むのは避けましょう。

 

申込履歴は信用情報機関に記録され、これをカードローン会社が確認すると「多重債務のリスクが高いのでは?」と判断されかねません。

 

「審査に落ちたとき、他社に申し込むのが面倒だから、一度に済ませてしまおう」という気持ちはよく分かりますが、金融機関への申込は1つずつに絞って行うのがベスト。

 

なお信用情報機関に記録される申込履歴は6ヶ月間保存されます。

 

そのため、できれば6ヶ月以上の期間を空けて他の金融機関に申し込むように意識しましょう。

 

返済ローンを組んでいるのに、新規で借りすぎないこと

返済ローンを組んでいる人は毎月多額の返済に集中している状況にあります。一時的にお金が足りなくなって、新規借入を行うのは悪い事ではありません。

 

しかし、これが積み重なって、結局返済が難しい状況に陥るのは最も避けたい事態といえます。

 

新規借入する時は必要最低限に抑え、できる限り借入を少なく済ませるように心がけましょう。

 

所有していた、完済済みのローンカードは解約すること

おまとめローンで一本化すると、今まで利用していたローンカードは解約することをおすすめします。

 

完済した後も契約が残っていれば、そのローンカードを使って追加借入ができますが、これに甘えて、ついつい借入を重ねてしまうと計画的な返済が難しくなるでしょう。

 

ローンカードを使わないようにするためにも、以前まで利用していたローンカードは完済後に解約するのが吉です。

 

おまとめローンは信用情報にも傷がつかず、前向きな返済である

おまとめローンは全額返済を目的とした特殊な金融商品です。

 

前向きに返済する意志があるからこそ、おまとめローンを利用するわけで、信用情報に傷がつかず、また他社金融機関にとって好印象に見られる傾向にあります。

 

おまとめ後でも住宅ローンや生活に関わる、新しいローンは組めるのか?

おまとめローン利用中は多額の借金を背負っている状態です。
そのため住宅ローンや自動車ローンといった、生活に関わる新しいローンを組めないのではないかと不安に感じる方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、住宅ローン、自動車ローンなど、銀行が提供している「目的別ローン(特定の用途にのみ利用可能なローン)」は総量規制対象外となるため、申込み自体は問題ありません。

 

つまり、審査にさえ通れば契約可能です。

 

借金がある状態なので審査内容自体は厳しくなることが予想されます。

 

おまとめローン後のキャッシングまとめ

今回はおまとめローン契約後の他社新規借入や、おまとめローン利用時の注意点などを紹介しました。
ポイントをさらいしましょう。

 

  • 金融機関によっておまとめローン契約中の他社借入の可否が異なる
  • 新規借入時はおまとめローンの返済実績が重要視される傾向にある
  • おまとめローン利用中も住宅ローンなど新しいローンを組める

 

以上3点が本記事の要点となります。

 

おまとめローン利用中にお金に困ったらどうしたらいい?

おまとめローン中でも追加借入はできるの?

 

と気になっている方は、この記事を参考にして、新規追加借入ができる金融機関を選んでくださいね。

 

くれぐれも借りすぎることがないように注意しましょう。

アコムキャッシング詳細

アコムでキャッシング アコムスペック


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ 3.0%〜18.0% 1〜800万円
審査時間 フリーター・パート レディース 即日振込
最短30分


アコム公式サイト