アコムでも利用できるおまとめローン、メリット・デメリットとは?

おまとめローンの利用に適しているのは消費者金融?それとも銀行?-アコムで低金利キャッシング


アコムの3秒診断

お急ぎの方必見!
アコムの3秒診断でスピードチェック

アコムマスターカード

キャッシングもショッピングも
あなたのスタイルに合わせて使い分け!

プロミスQ&A

営業時間は?金利は?返済方法は?
アコムの質問に何でも答える!

おまとめローンは金利の低い銀行系カードローンがおすすめ

おまとめローンの利用に適しているのは消費者金融?それとも銀行?-アコムで低金利キャッシング

 

複数の借金を1つにまとめるおまとめローンは債務整理のように借金を減額することはできなくても、金利の引き下げや管理のしやすさなどにより確実に完済に近づくことができるものです。おまとめローンはほとんどの金融機関が取り扱っていますが、どこで利用するかによって得られるメリットも変わってきます。今回は消費者金融と銀行の違いについて紹介します。

 

消費者金融と銀行の違い

 

おまとめローンはほとんどの金融機関が取り扱っているため、まずは利用する金融機関を決めなくてはなりません。大きく分けると消費者金融を利用するか、銀行を利用するか、になると思いますが、それぞれにメリット・デメリットがあるので確認しておきましょう。

 

消費者金融のおまとめローン

 

まずは消費者金融のおまとめローンについてです。消費者金融の特徴と言えば皆さんは何を思い浮かべますか?即日融資や利用者のニーズに合わせた幾つもの利用環境などが挙げられる通り、消費者金融は利用者目線で作られた豊富なサービス性が特徴です。そのため、おまとめローンのメリットにもそのようなサービス性が反映されています。消費者金融のおまとめローン1つ目のメリットは、借入までの早さです。おまとめローンは確実に高額な借入になるものですが、消費者金融のおまとめローンであれば借入までにさほど時間はかかりません。借入までの時間は通常の借入同様と考えてもらっても大丈夫です。中には即日融資に対応したおまとめローンを扱っている消費者金融もいるほどです。借金は1日ごとに利息を発生させているものです。直ぐにでも1つにまとめてしまい、余計な利息の発生を抑えたい方は消費者金融がおすすめです。

 

2つ目のメリットは、銀行よりも審査に通過しやすいと言われていることです。通常の借入同様消費者金融は銀行よりも審査に通過しやすいと言われています。おまとめローンは高額な借入になるため通常の借入よりも審査が厳しいと言われています。ただでさえ審査が厳しいと言われる銀行でおまとめローンを利用するにはよほどの好条件が揃っていない限り通過する事は困難です。消費者金融では簡単に通過できると言うわけではありませんが、少しでも確実性を求めるのであれば消費者金融の方が良いでしょう。

 

3つ目のメリットは、利用環境が豊富なことです。消費者金融は自社のATMの他にも、提携している銀行やコンビニのATMでも利用することができます。また、ネットバンキングにも対応しているため利用者は自分のニーズに合った方法で利用することができるのです。

 

では、反対に消費者金融のデメリットについて説明していきます。

 

1つ目のデメリットは、金利の高さです。銀行に比べると金利の高さは圧倒的です。おまとめローンは金利を下げることによって完済を目指すものでもあるため、金利が低いことに越したことはありません。金利の低さだけに着目すればおまとめローンは銀行の方が適していると言われています。

 

2つ目のデメリットは、限度額が低いことです。こちらも銀行に比べると低く設定されています。多いところで500万円ほどですが、この金額は限度額が低い銀行と同じくらいです。複数の借金を1つにまとめる作業ですので、こちらも高いことに越したことはありません。以上が消費者金融のおまとめローンのメリット・デメリットです。著名な消費者金融の中で最も限度額が高いおまとめローンを取り扱うのはアイフルです。アイフルのおまとめローンには、初めてアイフルを利用する方限定の「かりかえMAX」と初めてではない方限定の「おまとめMAX」の2種類がありますが、どちらも限度額は500万円に設定されています。オリックスクレジットの限度額は800万円ですが、オリックスクレジットはおまとめローンを別の商品として取り扱っていないので注意してください。

 

銀行のおまとめローン

 

次は銀行のおまとめローンについてです。銀行にはどんな印象を抱いていますか?今でも「消費者金融は心配」という声を聞くように、一般的に銀行は安心・安全という印象がありますよね?借金をするわけですから自分が安心・安全と思えるかはとても重要なことです。CMを流すような大手消費者金融であれば十分安心・安全ですが、それでも心配という方にとっては銀行は有難い存在かもしれません。では、銀行のおまとめローンについて説明していきます。銀行は消費者金融のようにおまとめローンを別の商品として取り扱っていません。通常のカードローンからおまとめローンに使う借入を行うことになります。

 

1つ目のメリットは追加融資ができるということです。おまとめローンという借入を行うのではなく、利用者がそのお金を借金をまとめる作業に使うか、使わないか、ということなので限度額の枠内であれば自由に追加融資を行うことができます。また、消費者金融のおまとめローンで借り入れたお金は借金をまとめる作業、つまり他社への返済にしか使ってはいけないことになっており、一部の消費者金融では返済に費やしたという証明をしなければならず、もしも他のことに費やすと即刻全額返済を請求されることになってしまいます。しかし、銀行であれば使い道は違っても通常の借入と変わらないため、事業資金に費やさない限りは自由とされています。

 

2つ目のメリットは、金利の低さです。消費者金融のところでも触れましたが、金利の低さで言えばどの金融機関よりも1番です。

 

3つ目のメリットは、限度額の高さです。これに関してもどの金融機関よりも1番です。メリットだけを見ればおまとめローンは銀行が最も適しています。

 

では、次にデメリットを見ていきましょう。

 

1つ目のデメリット、そして最大のデメリットが、審査通過が困難なことです。銀行の審査が厳しいことはよく言われますが、おまとめローンを別の商品として取り扱っていない分、高額な限度額を認められている必要があります。おまとめローンのためだけに銀行を初めて利用する方にとっては非常に困難を極めるでしょう。

 

2つ目のデメリットは、借入までに時間がかかることです。消費者金融が即日融資も可能なのに対して、銀行は借入までに約1週間?2週間かかるのが普通です。借入を急いでいる方にとってはあまり好ましくないでしょう。以上が銀行のおまとめローンのメリット・デメリットです。ほとんどの大手銀行は限度額が1000万円に設定されています。因みに、東京都スター銀行はおまとめローンを別の商品として取り扱っています。

 

おまとめローンの注意点・まとめ

以上が消費者金融と銀行のおまとめローンの違いです。メリットもデメリットも全く異なることを分かっていただけたでしょうか?どちらにもそれぞれの魅力がありますが、正直自分の年収などによほどの自信がない限りは銀行での利用は諦めた方が得策です。また、返済方式が残高スライド方法の金融機関にも注意が必要です。これは借入残高に応じて最低返済金額が決まるというものですが、借入期間を長期化してしまう側面も持っています。いくら金利が下がってもそれでは意味がありません。銀行を利用するにしても借入期間が長期化しないように心がけてください。

アコムキャッシング詳細


アコムスペック



銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ 3.0%〜18.0% 1〜800万円
審査時間 フリーター・パート レディース 即日振込
最短30分 なし


アコム公式サイト

ホーム サイトマップ
審査 限度額 申込み マスターカード アコム向きな人