おまとめローンは必ずしも成功しない!?失敗しないための秘訣とは!?-アコムで低金利キャッシング

おまとめローンは必ずしも成功しない!?失敗しないための秘訣とは!?-アコムで低金利キャッシング


アコムの3秒診断

お急ぎの方必見!
アコムの3秒診断でスピードチェック

アコムマスターカード

キャッシングもショッピングも
あなたのスタイルに合わせて使い分け!

プロミスQ&A

営業時間は?金利は?返済方法は?
アコムの質問に何でも答える!

おまとめローンは必ずしも成功しない!?失敗しないための秘訣とは!?

おまとめローンは非常に便利なものです。多重債務を抜け出す方法として重宝されていますし、金融機関のCMなどでも頻繁に見かけます。プラスのイメージが多いおまとめローンですが失敗しないために注意しなければならないことが幾つもあります。

 

必ずしも成功するとは限らない!

 

おまとめローンには幾つものメリットがあります。債務整理のように借金を減額することはできませんが、信用情報を傷付けることなく完済を目指すことができるため、債務整理より優れていると言っても言い過ぎではないでしょう。事実、おまとめローンを利用したほとんどの方が多重債務から抜け出せていると言われています。しかし、おまとめローンは必ずしも成功するものではありません。借金を1つにまとめたからといって必ずしも完済できるわけではないと言うことです。反対に損害を被ることもあるのです。これは債務整理にしても同じことです。借金に関して必ずと言い切れるものは無いに等しいのではないでしょうか?それにおまとめローンにはそれが顕著に表れています。それは本来おまとめローンのメリットであるはずの金利の引き下げによってもたらされることです。借金を1つにまとめると金利が引き下がります。なぜかと言うと、利息制限法には金利ついてこのように定められているからです。

 

  • 10万円未満の借入…上限金利20%
  • 10万円?100万円未満の借入…上限金利18%
  • 100万円以上の借入…上限金利15%

 

以上のように複数の金融機関から借金をしているのと1社から借金をしているのとでは、金利にここまでの差が生じてしまいます。おまとめローン最大のメリットはこの金利の引き下げにあるわけです。金利が低くなることにより一月に発生する利息の量が著しく低下します。利息の量が低下すると一月の最低返済金額も低下します。最低返済金額は一月に発生した利息以上に設定されているからです。つまり一月の返済金額が減ることにより返済の負担を軽減できるわけです。これだけ見れば「おまとめローンはメリットしかない、損はしない!」「確実に完済できる」と思ってしまいますよね?しかしここに落とし穴があるのです。最低返済金額というのは一月に支払わなければならない最低の金額のことです。債務者のために作られたようにも感じますが、実はその内訳のほとんどが発生した利息に充てられており、元金はほとんど減っていないのです。これが何を意味するか分かりますか?元金がほとんど減らないと借入期間が長期化するのです。そして借入期間が長期化するということはそれだけの余計な利息が発生してしまうということなのです。つまりおまとめローンを利用して金利を引き下げたとしても、それに応じて少なくなった毎月の返済金額が原因で借入期間が長期化し多額の利息を払うことになり結果的にはプラマイゼロ、もしくは損害を生むことに繋がるのです。このようにおまとめローンは必ずしも成功するものではないということをまず理解してください。では、おまとめローンを失敗しないためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

おまとめローンを失敗しないためには?

 

おまとめローンを失敗しないためには、まず何を目的に利用するのかを明確にすることです。そしてその目的にもおまとめローンに適したものと適していないものがあります。例えば、「毎月の返済金額を少しでも良いから減らしたい」この目的はおまとめローンに適しています。金利が低くなるため余計な利息を抑え最低返済金額が低くなることは先ほども説明しましたが、そもそも複数の借金があればそれぞれの返済に追われるわけですから金利の高さ云々の前に返済金額が高くなってしまうのは必然的です。毎月返済のためだけに高額な出費を迫られていれば生活に支障が生じますし、どれか1つでも遅延してしまうのは時間の問題です。遅延してしまえば遅延損害金も発生してしまいますし、完済が余計に遠ざかってしまうでしょう。また、「借金の管理をしやすくしたい」などの目的も適しています。

 

複数の借金があると複数の返済日に迫られることにもなります。これも遅延の原因です。おまとめローンを利用して返済日を1つにまとめれば借金の管理もしやすく、完済に近づけます。では、おまとめローンに適していない目的とはなんでしょう。それは「ただ借金を減らしたい」のような目的です。確かに金利が低くなれば支払う金額も減ってくるでしょう。完済時にはおまとめローンを利用したことにより支払った総額も減っているかもしれません。しかしおまとめローンは借金の減額が目的ではありません。「多重債務から抜け出して、少しでも完済に近づこう」というのが目的です。ただ漠然と借金を減らしたいという考えの人は真っ先に先ほど記述した借入期間長期化の落とし穴にはまってしまいます。

 

また、「早く完済したい」というような目的もありま好ましくありません。何度も言うように、おまとめローン利用後は返済金額が減るものです。自然と借入期間は長期化するのです。返済の負担を軽減したい方にとっては嬉しいものですが、早期完済を目的とした方にとってほぼデメリットのようなものです。「借金を減額したい」「早期完済を目指したい」という方にはおまとめローンよりも債務整理がおすすめです。自分の目的がおまとめローンに適しているのか、はたまた債務整理なのか、しっかりと判断してください。

 

利用する金融機関を選ぶ

 

おまとめローンをどの金融機関で利用するか?大きく分けると消費者金融か銀行かで迷うはずです。それぞれにそれぞれのメリット・デメリットがあります。自分のニーズに合う方を利用して、損害を生まないようにしましょう。

 

消費者金融のメリット・デメリット

 

消費者金融のメリットは借入までの早さです。銀行が1?2週間かかるのに対しておまとめローンのような高額な借入でも最短で即日融資も可能です。また、利用環境が豊富な点もメリットの1つでしょう。自社ATMを始め、提携銀行やコンビニのATM、ネットバンキングにも対応しています。デメリットは金利の高さでしょう。やはり銀行と比べると高いと感じてしまいます。

 

銀行のメリット・デメリット

 

銀行のメリットは何と言っても金利の低さです。おまとめローンは金利が引き下がらなくては意味がありません。そういう意味では銀行はおまとめローンに適していると言えます。また、限度額の高さも特徴です。消費者金融の限度額が高くて500万円なのに対して、銀行では1000万円が平均的な金額です。しかし銀行には審査が厳しいと言われる最大のデメリットがあります。いくら金利が低くても審査に通過しなくては元も子もありません。

 

利用後の注意点・まとめ

おまとめローンの利用で大切なこと、分かっていただけましたか?色々言ってきましが、何よりも必ず成功するものではないということを分かってほしいです。おまとめローンはゴールではない。これはよく言われることです。利用したからといって無駄使いをしてはいけません。返済金額が少なくなったからといって最低返済金額に従っているようでは損をします。利用後も返済は続いていることをしっかりと意識し、余裕がある月は積極的に追加返済を活用しましょう。これがおまとめローンを成功させる秘訣です。

アコムキャッシング詳細


アコムスペック



銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ 3.0%〜18.0% 1〜800万円
審査時間 フリーター・パート レディース 即日振込
最短30分 なし


アコム公式サイト

ホーム サイトマップ
審査 限度額 申込み マスターカード アコム向きな人