おまとめローンはどれも同じではない!金融機関ごとの特徴や利用の目的を把握しましょう!-アコムで低金利キャッシング

おまとめローンはどれも同じではない!金融機関ごとの特徴や利用の目的を把握しましょう!-アコムで低金利キャッシング


アコムの3秒診断

お急ぎの方必見!
アコムの3秒診断でスピードチェック

アコムマスターカード

キャッシングもショッピングも
あなたのスタイルに合わせて使い分け!

プロミスQ&A

営業時間は?金利は?返済方法は?
アコムの質問に何でも答える!

おまとめローンはどれも同じではない!金融機関ごとの特徴や利用の目的を把握しましょう!

おまとめローンは高額な借入です。そして必ず成功するものでもありません。不安を抱く方も決して少なくないと思います。今回はおまとめローンを成功させるために注意しておきたい点、また利用する金融機関の選び方について紹介していきます。

 

利用の目的

 

まずは自分が何を目的におまとめローンを利用するのか明確にすることから始めましょう。おまとめローンには適した目的と適していない目的があります。万が一適していない目的でおまとめローンを利用すれば反対に損をしてしまうことにも繋がるため、これは意外にも重要なことです。

 

おまとめに適した目的

 

まずはおまとめローンに適した目的から紹介します。1つ目は、「毎月の返済の負担を軽減したい」などの目的です。これはおまとめローンで解決することができます。おまとめローン最大のメリットは借金を1つにまとめたことによる金利の低下にあります。借金をまとめただけでなぜ金利が低下するのかと言うと利息制限法にこのように定められているからなのです。

 

  • 借入金額が10万円未満…上限金利20%
  • 借入金額が10万円以上100万円未満…上限金利18%
  • 借入金額が100万円以上…上限金利15%/li>

 

3社で100万円の借入を行っているのとまとめて1社から借入を行っているのとでは金利にここまでの差が付いてしまうのです。この金利の低下と返済の負担軽減がどのように繋がっているのかと言うと、金利が下がればそれだけの利息の発生を抑制できますよね?余計な利息の発生を抑制できれば一月の最低返済金額も低下します。つまり、一月に支払う返済額が低下して返済の負担が軽減できるのです。それに、複数の借金をしていればそれぞれにそれぞれの金利がかかってしまいますが、借金が1つなら金利は1つしかかかりません。「利息は借入残高に応じて発生するから金利の数は関係ない」などと思われがちですが、細かな手数料なども含めればその差は決して小さくありません。
また、総額が同じでも借金が3つあるのと1つあるのとでは金利云々の前に一月に行う返済の数が違うため一月に支払う返済額が大きく異なってきます。「返済の負担を軽減したい」は、おまとめローンに適した目的でしょう。2つ目は、「管理をしやすくしたい」などの目的です。多重債務から抜け出せない最大の原因をご存知ですか?それは管理のしにくさです。借金が幾つもあればそれぞれの返済日や残高を把握しておくのは並大抵のことではありません。どれか1つの借金に対処しているときに別の借金の返済日がきて、もしも遅延でもしてしまったら遅延損害金が発生してしまい、今度はそちらへの対処に追われてしまいますが、その間に別の借金の返済日が来るかもしれません。おまとめローンを利用すれば借金と同時に返済日も1つにまとめることができます。1つの返済に集中すれば良いため借金の管理がしやすくなるのです。これもおまとめローンに適した目的と言えます。

 

おまとめローンに適していない目的

 

おまとめローンに適していない目的1つ目は、「借金を減らしたい」などの目的です。一見それも可能のように思われがちですが、おまとめローンは借金を減額するためのものではありません。多重債務から抜け出して完済を目指すためのものです。なぜ借金の減額が適していないのかと言うと、おまとめローンの利用後は一月の返済額が低下するからです。確かにこれにより返済の負担は軽減します。しかし一月の返済額が低下するということは借入期間が長期化することにも繋がるのです。実は最低返済金額のほとんどが利息に充てられており、元金はなかなか減っていないのです。借入期間が長期化すればそれだけの利息が発生することになります。金利が下がったからといって必ずしも支払う総額も減るわけではないのです。そのためおまとめローンは借金を減額する目的には適してはいないのです。また似たような理由で「早期完済を目指したい」などの目的も適していません。理由は上記したように利用後は返済額が下がり借入期間が長期化するからです。早期完済を目指すのに借入期間が長期化しては意味がありませんよね?減額や早期完済が目的であるならばおまとめローンよりも債務整理の方がおすすめです。任意整理・特定調停・個人再生では借金減額が、自己破産では私財を放棄する代わりに返済義務の免除が望めます。その代わり信用情報に最低でも5年、最長で10年トラブル記録として残り続けます。さらに個人再生と自己破産は、行なっただけで国の発行する一種の新聞である官報に住所氏名が記載されてしまいます。これらのデメリットを考慮した上で利用してください。

 

利用する金融機関を選ぶ

 

自分のニーズに合った金融機関を選ぶのもとても重要です。消費者金融か銀行かで迷っている人が多いと思いますが、メリットもデメリットも正反対なのでしっかりと確認してください。消費者金融の売りは借入までの早さと銀行よりも審査に通過しやすいと言われている点です。高額な借入でも即日融資が可能です。銀行の売りは金利の低さと限度額の高さです。消費者金融と比べると金利の低さは圧倒的です。金利の低下が味噌となるおまとめローンには非常に適していますが、消費者金融と比べると審査基準が厳しめと言われています。正直、金利が低くても借入期間が長期化すれば意味がないので、金利の低さにこだわらなくても心配ありません。少しでも確実性を求めるのならば消費者金融を利用しましょう。

 

闇金に注意

 

金融機関を選ぶ際は闇金に注意してください。おまとめローンを利用する人は多重債務に陥っている人がほとんどですが、そんな人達の弱みに付け込むのが闇金です。「100%融資!」や「超低金利!」などの甘い言葉で誘ってきますが、絶対に騙されてはいけません。闇金はスポーツ新聞や雑誌の広告欄などでも勧誘を行っています。闇金を見分ける1番のポイントは、上記したような甘い誘い文句ですが、貸金業登録番号の有無を確認するのも有効的な見分け方です。貸金業務を行うには国や地方公共団体から許可を得る必要があるのですが、その許可を得た証明となるのが貸金業登録番号です。どんな大手消費者金融でもホームページなどに記載しています。ですので、貸金業登録番号を記載していない消費者金融は闇金と断定してください。できれば知名度の高い金融機関を利用してほしいのですが、それが無理なときはネットなどで評判を調べた上で利用してください。

 

おまとめローンを成功させるための秘訣・まとめ

おまとめローンは必ずしも成功するとは限りません。おまとめローンを利用した時点で完済した気になってはいけません。何度も言いますが、借入期間が長期化する恐れがあるのがおまとめローンです。余裕のある月は積極的に追加返済を活用することをおすすめします。

アコムキャッシング詳細


アコムスペック



銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ 3.0%〜18.0% 1〜800万円
審査時間 フリーター・パート レディース 即日振込
最短30分 なし


アコム公式サイト

ホーム サイトマップ
審査 限度額 申込み マスターカード アコム向きな人