おまとめローンの審査を不利にしないために事前に確認すべきこととは!?-アコムで低金利キャッシング

おまとめローンの審査を不利にしないために事前に確認すべきこととは!?-アコムで低金利キャッシング


アコムの3秒診断

お急ぎの方必見!
アコムの3秒診断でスピードチェック

アコムマスターカード

キャッシングもショッピングも
あなたのスタイルに合わせて使い分け!

プロミスQ&A

営業時間は?金利は?返済方法は?
アコムの質問に何でも答える!

おまとめローンの審査を不利にしないために事前に確認すべきこととは!?

多重債務から抜け出す手段としておまとめローンは非常に有効的です。債務整理のように借金を減額することはできませんが、債務整理のように信用情報を傷つけることはありません。借金を1つにまとめれば金利も引き下がり余計な利息の発生も抑制できますし、返済日も1つにまとまるため借金の管理がしやすく、まとめる前とは違い1つの返済に集中することができため、完済の見込みが大きく開けます。しかしおまとめローンも借入であることに変わりありません。通常の借入同様審査に通過しなくては利用することはできないのです。そこで今回はおまとめローンの審査に通過するためには知っておきたい幾つかの注意点について紹介していきます。

 

おまとめローンの審査について

 

まずはおまとめローンの審査について考えてみましょう。おまとめローンは複数の借金を1社からの借入によって1つにまとめるものです。そうすることによって金利を引き下げて返済の負担を軽減したり、返済日を1つにまとめて借金を管理しやすくしたり、債務整理のように借金自体の減額を行わなくても、1歩ずつ確実に完済に近づいて行けるものです。

 

しかし、複数の借金の総額と同額の借入を1社から行うわけですから、高額な借入となることは避けられません。100万円を超えてもおかしくありませんし、むしろ100万円を超えるからこそ利息制限法による金利の引き下げもあるわけです。しかし、本来高額な借入を行うには高額な限度額を認められている必要があります。限度額は金融機関からの信用の度合いです。「この人ならばきちんと返済してくれる」金融機関は利用者の利用態度などを参考に限度額を設定します。無闇に高額な貸出を行い、踏み倒しでもされたら堪ったものではないのです。

 

しかしおまとめローンはそんな高額な借入を行うものです。年収の1/3以上の貸出を規制する総量規制の対象外でもあり、金融機関からすればリスクのある貸出と言えます。そのためおまとめローンの審査は通常の借入審査よりも厳しめに設定されていると言われています。通常の借入では問題にならなかったことが問題になってくることもあるのです。さらに、銀行はもともと審査基準が厳しいと言われています。それが高額な借入となれば尚更です。おまとめローンの審査を通過するためにも、幾つかの注意点を確認しておきましょう。

 

他社での借入件数

 

おまとめローンは複数の借金を1つにまとめるためのものです。利用者が他社に借金があることは金融機関側も先刻承知なので、他社に借金があること自体に問題はありません。しかし借金の数が多すぎると、いくらおまとめローンは言え審査を不利にしてしまいます。明確な基準があるわけではありませんが、3件の借金であればなんら問題はありません。通常の借入では3件あると審査結果が怪しくなってきますが、おまとめローンは4件あっても大きな問題ではありません。しかし5件以上となると問題です。

 

大手でも中小でも審査通過は困難でしょう。もちろん借金の数が少ないことに越したことはありません。総額100万の借金を3社から抱えているのと2社から抱えているのとでは審査結果も大きく異なります。なぜかと言うと、1社あたり借入できる金額、つまり限度額が高ければそれだけの信用を得ていることが分かるからです。何度も言いますが、金融機関にとって高額な貸出を行うことは大きな利益を生むチャンスでもある分、大きなリスクを伴うものです。できるだけ信用できる人、返済実績が高いと分かる人にしか貸し出したくはないのです。

 

信用情報のトラブル記録

 

信用情報は利用者の利用態度を判断するための情報として最も信用がおけるものです。通常の借入同様、審査の際は信用情報機関に照会を行います。もしも滞納や債務整理などの過去のトラブル記録があれば当然審査に通過することはできません。おまとめローンの審査の厳しさを考えればどんなに小さなトラブル記録でもない方が良いでしょう。

 

例えば、2ヶ月以内(金融機関によって異なる)の滞納を示す「遅延」という記録がありますが、これは滞納が2ヶ月を超えて審査に通過できないブラックリスク入りの状態を示す「異動」にならない限りは審査に大きな影響を与えることはないのですが、おまとめローンの審査では審査結果を不利にしてしまうことも十分考えられます。トラブル記録は最低でも5年、債務整理でも個人再生や自己破産になると最長で10年間残り続けることになります。多重債務を抱えていればそれだけ遅延などを起こす可能性も高いですが、おまとめローンを検討しているならばくれぐれも遅延などには注意してください。それと、まとめる前に債務整理で減額しておこうなどとは考えないことです。

 

信用情報の申込記録

 

知っている方もいると思いますが、キャッシングやローンに申込を行っただけでも信用情報にはその事が記録されてしまいます。そして、もしも短期間に幾つもの申込記録があると「この人はお金に困っている」と判断されてしまい、それだけで審査に通過することができなくなってしまいます。皆さんが審査する側だったらどうでしょうか?短期間に幾つもの金融機関にキャッシングの申込を行い明らかにお金に困っている人に「この人は返済してくれる」などと信用してお金を貸し出すことができますか?できませんよね?それが高額な借入となれば尚更です。申込記録はおよそ半年間残り続けます。申込は6ヶ月に1回などと言うわけではありませんが、3件以上あればかなり問題です。確実性を求めて多重申込をしたい気持ちも分かりますが、できるだけ期間を置くなどの工夫をしましょう。また、大手消費者金融のホームページで利用できる仮診断を活用するのもおすすめです。審査結果が保証されるものではありませんが、通過できないと判断された場合には本審査でも通過できないので、その際は無駄な申込記録を作らないためにも潔く諦めましょう。

 

まとめ

注意しておかなければならないことについて少しは理解していただけましたか?審査通過をより確実なものにするためにはこの他にも、勤続年数は長いほうが良いや公務員や大手企業に勤めていると評価が高いなどがありますが、これらに関しては手の施しようがありません。まずはできることから始めてみてください。因みに、1年の売り上げの集計を行う年度末は審査に通過しやすいと言われているそうです。確かなものかどうかは分かりませんが、年度末の申込を検討してみるのも良いでしょう。ただ、申込を無理に先延ばし、その間に遅延してしまったなどとはならないようにしてください。

アコムキャッシング詳細


アコムスペック



銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ 3.0%〜18.0% 1〜800万円
審査時間 フリーター・パート レディース 即日振込
最短30分 なし


アコム公式サイト

ホーム サイトマップ
審査 限度額 申込み マスターカード アコム向きな人