アコムの3秒診断


お急ぎの方必見!
アコムの3秒診断でスピードチェック

アコムマスターカード


キャッシングもショッピングも
あなたのスタイルに合わせて使い分け!

プロミスQ&A


営業時間は?金利は?返済方法は?
アコムの質問に何でも答える!

アコムのおまとめローン「借換えローン」

おまとめローン

 

複数の借金を1つにまとめることで金利を下げ、返済しやすくする方法に「おまとめローン」があります。

 

大手消費者金融のアコムはおまとめローン「借換えローン」を提供しており、これを検討している方もいらっしゃるでしょう。

 

「アコムのおまとめローンはどんなメリットがあるの?」

「具体的にどれくらいお得になる?」

 

といった声も寄せられています。

 

そこで本記事はアコムのおまとめローンの概要、メリット、利用した際のシミュレーションなどを紹介していきます。

 

この記事を読めば、アコムのおまとめローンを上手に活用できるようになるでしょう。

 

複数の借入に悩んでいる方や、おまとめローンを検討している方はぜひ参考にしてください。

 

アコムのおまとめローン「借換えローン」の3つのポイント

ここからはアコムのおまとめローン「借換えローン」を利用する3つのメリットを紹介します。

 

  • 毎月の返済金額、金利の負担が軽減!
  • 返済日が毎月1回!
  • 残高が減少していく!

 

それでは詳しい内容をみていきましょう。

 

毎月の返済金額や金利が軽減される

これまでは複数社に支払っていた返済額をアコムに一本化することで、毎月の返済額や金利の軽減が期待できます。

 

アコムの借換えローンを利用すると、これまでは複数社に支払っていた金額を、今後はアコムだけに返済すればOK。

 

アコムのおまとめローンの各回返済金額は「借入残高×一定の割合」で算出されます。

 

一定の割合は契約時の極度額によって決定。

 

具体的には次の表のとおりです。

 

限度額

一定の割合

30万円以下

4.2%以上

30万円超、100万円以下

3.0%以上

100万円超

1.5%〜3.5%以上

 

仮に借入残高が30万円だとすると…

 

30万円×4.2%=12,600円

 

つまり毎月最低12,600円以上の返済額でOKになります。

 

複数の消費者金融に返済していた時の支払い額と比べて、少なくなっている方が圧倒的に多いはずです。

 

毎月の返済金額が軽減されることで、家計への負担が軽くなり、日常生活に余裕を持たせられるようになるでしょう。

 

またアコムのおまとめローンを利用することで、金利が下がる可能性が高まります。

 

その理由は、貸金業法により、借入残高に応じて上限金利が明確に定められているからです。

 

貸金業法による上限金利を表にまとめると次のとおり。

 

借入額

上限金利

10万円未満

20.00%

10万円超100万円未満

18.00%

100万円超

15.00%

 

仮にA社から50万円、B社から30万円、C社から20万円の借入があったとしましょう。

 

これをアコムで一本化すると総額100万円に。

 

これまでは各社ごとに金利18.0%が適用されていったところが、おまとめローンを利用することで金利15.0%が上限金利として適用される形に。
つまり金利の引き下げが受けられますね!

 

アコムのおまとめローンを利用するメリットをまとめると次の2点になります。

 

  • 毎月の返済額が軽減される
  • 金利の引き下げが適用される可能性がある

 

ただし、金利が下がっても、返済額を少なく設定しすぎると、利用日数が長くなって、総返済金額が増加する可能性がある点に注意してください。

 

アコムの利息は日割り計算で発生します。

 

計算式は次のとおり。

 

借入残高×実質年率×利用日数÷365=利息

 

100万円を金利15.0%で、毎月35,000円ずつ返済すると…

 

回数

返済額

元金

利息

残高

1

35,000

22,500

12,500

977,500

2

35,000

22,782

12,218

954,718

35

35,000

34,326

674

19,633

36

19,878

19,633

245

0

累計

1,244,878

1,000,000

244,878

0

 

トータルの利息は24万4,878円になります。

 

次に、100万円を金利15.0%で、毎月倍の70,000円ずつ返済すると…

 

回数

返済額

元金

利息

残高

1

70,000

57,500

12,500

942,500

2

70,000

58,219

11,781

884,281

15

70,000

68,423

1,577

57,780

16

58,502

57,780

722

0

累計

1,108,502

1,000,000

108,502

0

 

トータルの利息は10万8,502円になりました。

 

両者の差額は13万6,376円と非常に大きなものとなります。

 

月々の支払い額を少なく抑えられるのはメリットであり、デメリットともなりうるため、よく覚えておいてくださいね。

 

借換えのシミュレーション

それではアコムのおまとめローンを利用したシミュレーションをしてみましょう。

 

Xさん年収300万円

 

 

金利

借入残高

毎月返済金額

総利息額

A社

18%

200,000円

20,000円

18,320円

B社

18%

300,000円

12,000円

78,817円

C社

18%

700,000円

18,000円

358,396円

合計

 

1,200,0000円

50,000円

455,533円

 

  • 3社借入総額:120万円
  • 毎月返済額:5万円
  • 総利息額:45万5,533円

 

借換え後

 

金利

借入残高

毎月最低返済額

総利息額

15%

1,200,000円

42,000円

293,862円

 

アコムのおまとめローンに借り換えた結果、毎月の最低返済額が8,000円減り、総利息額はなんと16万1,671円も減る結果になりました!

 

返済日が毎月1回!

おまとめローンを利用すると、これまでは複数社の返済日が毎月1回になります。

 

例えばA社は5日で、B社は13日で、C社は27日で…と複数回の返済があると、それぞれの返済額を把握するのも大変ですし、毎月の家計管理も難しくなりますよね。

 

月に1回だけの支払いは計画的な返済につなげやすく、精神的にも、金銭的にも負担が軽減します。

 

口座からの引き落としで残高が減少していく!

アコムのおまとめローンは口座引落での返済となります。

 

毎月コツコツと返済することで、確実に借入残高を減らしていけるため、これまで以上に計画的な返済を実践できるでしょう。

 

「支払日に口座にお金がなかった!」ということがないよう、くれぐれも注意しましょう。

 

アコムのおまとめローン「借換えローン」の詳細情報

アコムのおまとめローンのメリットがわかったところで、詳細なスペックを紹介します。

 

詳しくは次の表を参照してください。

 

申し込み資格

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方

実質年率

7.7〜18.0%

利用限度額

300万円

使用用途

貸金業者債務の借換え(銀行やクレジットカードのショッピングは含まれない)

返済期間

最長13年7ヶ月

返済回数上限

162回

遅延損害金

20.0%(実質年率)

担保・保証人

不要

 

返済期間は最長で13年7ヶ月、返済回数の上限が162回に設定されているため、長期にわたる返済計画も立てやすいのがポイントです。

 

3申し込み方法は電話のみ!申し込みの流れは4ステップ!

アコムのおまとめローンの基本情報がわかったところで、次は申込方法・流れをみていきましょう。

 

アコムのおまとめローンの申し込みの流れ

 

  1. 電話申し込み
  2. 契約機(むじんくん)か窓口で契約
  3. 審査
  4. 融資

 

アコムの通常のカードローンとは異なり、原則電話での申込のみ対応しています。

 

web申込やいきなり無人契約機で借換えローンの申込はできないため、その点に注意してください。

 

必要な書類等は4点

借換えローンの申込時に必要となる書類等は次の4点です。

 

  • 本人確認書類
  • 収入証明書
  • 引落口座の通帳やカード
  • 銀行印

 

特に収入証明書はすぐに準備できない可能性が高いため、借換えローン申込前に用意しておいた方がスムーズ。

 

本人確認書類および収入証明書として有効な書類をみてみましょう。

 

本人確認書類

本人確認書類として有効な書類は次の2つを満たしていなければなりません。

 

  • 顔写真付き
  • 現住所を記載

 

具体的には次の3点が挙げられます。

 

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証+住民票など

 

運転免許証を持っている方は、そちらを提出すればOKなので楽ですね。

 

もし持っていないなら、マイナンバーカードもしくは健康保険証+住民票で対応しましょう。

 

住民票は近くの役所で発行してもらえます。

 

役所まで足を運ぶ暇がない方は、自治体によってコンビニでの発行が可能なので、そちらの利用を検討してみてください。

 

収入証明書

十分な返済能力を備えていることを証明するために、収入証明書の提出が必要となります。

 

有効な書類は次の4点。

 

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 税類通知書・所得(課税)証明書

 

すぐに準備できないものも多いですね。

 

申し込む前に、あらかじめ税務署に足を運んでおいて、これらの書類を発行してもらいましょう。

 

電話申し込み

上記したように、アコムの借換えローンは電話での申込のみ対応しています。
連絡先は次です。

 

0120-07-1000

 

電話をかけたら担当オペレーターに「おまとめローン・借換えローンを利用したい」と伝えましょう。

 

なお、申込後は無人契約機または店頭窓口にて契約手続きを行う必要があります。

 

近くにアコムの契約機や窓口がない方は、郵送で契約したい旨を伝えましょう。必要書類を自宅まで送ってもらえます。

 

契約機(むじんくん)か窓口で契約

申込完了後は無人契約機(むじんくん)または店頭窓口にて契約手続きを行います。

 

オペレーターの指示または契約機のガイダンスに従って手続きを進めるだけなので心配しなくても大丈夫です。

 

なお無人契約機には通話機が取り付けられていて、すぐにオペレーターにつなぐことができます。

 

何か分からないことがあれば気兼ねなく相談してください。

 

審査にかかる時間は最短30分

おまとめローンの審査にかかる時間は、通常のカードローンと同じように、最短30分となります。

 

できるだけ早くおまとめローンを利用したい方にとって心強いですよね。極力無駄な時間を避けたい方にとっても嬉しい!

 

いくらまで借りられる?限度額上限の目安は年収の2分の1!

アコムの借換えローンは上限額300万円に設定されていますが、誰でも300万円いっぱいまで借りられるわけではありません。

 

限度額は審査の過程で、返済能力や返済実績を参照し、その上で決定されます。

 

限度額上限の目安として年収の2分の1程度が挙げられるため、それ以上の希望額で申し込むと審査落ちの可能性が。

 

自身の年収と、総借入額を確認しておいてください。

 

アコムのおまとめローン「借換えローン」3つの注意点

次は借換えローンを利用する際に注意したいポイントを3つ紹介します。

 

  • アコムの借り換え専用ローンで借り入れた分は総量規制の対象となる
  • 利息が今よりも多くなってしまう可能性がある
  • 追加の借り入れができない

 

「こんなはずじゃなかったのに…」とならないようにするためにも、しっかりと注意点を確認しておきましょう。

 

アコムの借り換え専用ローンで借り入れた分は総量規制の対象となる

アコムの借換え専用ローン自体は総量規制の対象です。

 

総量規制とは「貸金業者から借り入れできる上限額は、年収の3分の1以下でなければならない」というルール。

 

年収300万円の人なら、3分の1にあたる100万円が借入できる上限額です。

 

しかし、借換えローンは年収の3分の1以上の限度額でも利用できます。

 

これは消費者にとって有利になる金融商品なので、例外的に認められているため。

 

ここで注意しなくてはならないのが、借換えローンで借入した分が総量規制の対象となり、他消費者金融から借入が難しくなるという点です。

 

例えば年収300万円の人が、アコムの借換えローンで100万円の借入をしたとします。

 

つまり総量規制いっぱいまで借入していることになりますね。

 

この状態で他の消費者金融に申し込んでも「すでに3分の1まで借入しているじゃない」と審査を断られることに。

 

このような理由から、借換えローンの借入額がさほど多くないなら他のカードローンが利用できる可能性はありますが、基本的に他社借入は難しい状況になると考えてください。

 

利息が今よりも多くなってしまう可能性がある

借換えローンは金利が下がるケースが高いですが、返済金額によって返済回数や返済期間が延びる可能性もあり、今まで以上に利息が発生する可能性を考慮しなくてはなりません。

 

毎月の返済額が少なくなれば、1回あたりの返済の負担は軽減され、家計は楽になるでしょう。

 

しかしその分だけ借入日数が伸びることに。

 

繰上返済などをうまく活用して、早期完済を目指すことで利息の増加を防げます。

 

追加の借り入れができない

アコムの借換え専用ローンは、あくまでも返済用のローンです。そのため通常のカードローンとは異なり、追加借入ができません。

 

もし返済途中で「お金がピンチ!」となっても借入ができない点にくれぐれも注意してください。

 

上記したように、借換えローン利用中は他社からの借入も難しい状態である可能性が高いです。

 

毎月の支払い額をきちんと確認し、延滞や未払が発生しないように、入念な返済計画を立てることが求められます。

 

まとめ

今回はアコムのおまとめローン「借換えローン」の基本情報や申込方法、注意点などを紹介しました。
ポイントをおさらいしましょう。

 

  • 他社借入を1つにまとめられる金融商品
  • 返済日が毎月1回になり、計画的な返済や精神的負担の軽減が見込める
  • 金利の引き下げによって総利息額を減らせる可能性がある

 

以上3点が本記事の要点となります。

 

「複数の借金があってどうにかしたい」

「アコムのおまとめローンが気になっている」

 

といった方は、この記事を参考に、アコムの借換えローンで上手な返済計画を立ててみてください。借金の負担を軽くして、早期返済を目指しましょう!

 

アコムキャッシング詳細

アコムでキャッシング アコムスペック


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ 3.0%〜18.0% 1〜800万円
審査時間 フリーター・パート レディース 即日振込
最短30分


アコム公式サイト


複数の借金を一本化し、返済の負担を軽くする「おまとめローン」。おまとめローン契約中に、お金に困って、他消費者金融から新規借入が必要になることもありますよね。おまとめ後に新たに借入ってやっても良いの?どうすれば新規借入ができる?と気になっている方もいらっしゃるでしょう。そこで当記事はおまとめローン後の新規借入や追加借入、他社から借り入れする際のチェックポイントなどを紹介していきます。この記事を読めば...

複数の借金を1つにまとめるおまとめローンは債務整理のように借金を減額することはできなくても、金利の引き下げや管理のしやすさなどにより確実に完済に近づくことができるものです。おまとめローンはほとんどの金融機関が取り扱っていますが、どこで利用するかによって得られるメリットも変わってきます。今回は消費者金融と銀行の違いについて紹介します。消費者金融と銀行の違いおまとめローンはほとんどの金融機関が取り扱っ...

多重債務から抜け出す手段としておまとめローンは非常に有効的です。債務整理のように借金を減額することはできませんが、債務整理のように信用情報を傷つけることはありません。借金を1つにまとめれば金利も引き下がり余計な利息の発生も抑制できますし、返済日も1つにまとまるため借金の管理がしやすく、まとめる前とは違い1つの返済に集中することができため、完済の見込みが大きく開けます。しかしおまとめローンも借入であ...

おまとめローンは必ずしも成功するものではありません。悪く言えば借金の建て替えに過ぎないのです。では、どうやっておまとめローンを選べばいいのでしょうか?それは自分に合った金融機関を利用することです。おまとめローンはほとんどの金融機関が取り扱っていますが、それぞれにそれぞれの特徴があります。今回は金融機関の選び方について少々提案させてください。大前提のおまとめローンを選ぶ基準「何を基準に選べば良いのか...

複数の借金を1つにまとめることによって多重債務から抜け出せるおまとめローンは借金を減らすことができる債務整理に引けを取らない有効的な借金解決方法です。信用情報を傷付けずに誰でも利用することができるため多重債務に苦しんでいる人には是非とも活用して欲しいのですが、そんな中よくこんな声を耳にします。「おまとめローンを利用するタイミングが分からない」確かに無闇やたらと利用するものではないでしょう。おまとめ...

借金をまとめるにはおまとめローンか借り換えキャッシングを利用する必要がありますが、この2つの違いが分かる人はいますか?似ているようで似ていない2つの違いについて、それぞれ紹介していきます。借り換えキャッシングとおまとめローン借り換えキャッシングとおまとめローンを混同している人が多いようですが、この2つは別物と考えた方が正しいです。確かに大まかな目的では同じですが、異なる箇所も幾つかあります。おまと...

多重債務を解決する方法は幾つかあります。借金を減額できる債務整理も有効的ですし、過払い金請求を行えばそれだけで借金を減らすことも可能です。しかし債務整理は信用情報を傷付け、過払い金請求をすればその金融機関を利用することはできなくなってしまいます。そのようなリスクを一切持たないのがおまとめローンです。多重債務から抜け出す1番の手段と言っても過言ではないでしょう。おまとめローンとは?そもそもおまとめロ...